SEO
   哀愁のヨーロッパ観光 バルト三国ツアー - リガ観光  
   Vol.01Vol.02Vol.03  
第4章 ラトビア観光編 ルンダーレ宮殿と旧市街地

バルト三国ツアー4日目は、ラトビアの首都リガの観光に向かいます。
まずはヴィロン公の夏の宮殿、ルンダーレ宮殿へ。
ローズガーデンで有名な記念建造物です。

バスで約1時間半ほど移動して到着。
駐車場からルンダーレ宮殿まで少し距離があるため、さらに10分程度徒歩で移動します。
自然が豊かで、なんだかのどかな雰囲気です。

道中の風景道中の風景

道中の風景道中の風景

程なくして宮殿に着きました。

宮殿の外観宮殿の外観

宮殿の門を内側から撮った様子宮殿の門を内側から撮った様子

カジノバ一同「おおー!」
ワンダー「綺麗ですねえ。」
隊長「早く中に入りたいね!」

宮殿の美しさに、一同思わずはしゃいでしまいます。
スタッフの方に案内され、いよいよ宮殿の中へ。
宮殿内は土足で歩けないため、専用のカバーを靴にかけます。

靴のカバー靴のカバー

まっちゃす「内装、造形が細かすぎて凄いとしか言えない。。」
まえやん「呆気に取られちゃうね。。」

建築様式に関しては正直さっぱり分かりませんが、中の造りも思わず息を呑むほど美しいものです。
カバーを付け終わって進むと、ロココ調衣装に身を包んだ男女ペアのガイドさんが登場しました。
ここからの案内を担当してくれるとのこと。
ガイドさんの貴族然とした立ち居振る舞いに、毎回見入ってしまいます。

中の様子。階段。中の様子。階段。
ロココ調衣装のガイドさん。ロココ調衣装のガイドさん。

隊長「うーん、所作が美しいね。惚れ惚れしちゃうな。」
バルザック「ちょっとした動作も綺麗。」

宮殿内の各部屋を見つつ、ガイドさんが色んな小ネタを紹介してくれます。
男性貴族の礼の仕方や、女性貴族の扇子を使った意思の伝え方など。
ツアー参加者はガイドさんに教えてもらいながら、ちょっとだけ貴族の真似をさせてもらうことが出来ました。

部屋の様子。部屋の様子。
部屋の様子。部屋の様子。

記念写真。(足だけ)真似をしてみるカジノバメンバー。記念写真。(足だけ)真似をしてみるカジノバメンバー。

記念写真。(足だけ)真似をしてみるカジノバメンバー。ぼくもやりました

一通り部屋の見た後は、ランチまで自由時間。
ローズガーデンが見れるかもということで、一同宮殿の庭に向かってみます。
が、ちょっと季節外れで薔薇は見れず。

庭の様子。庭の様子。

庭の様子。庭の様子。

隊長「庭はちょっと寂しい雰囲気だね。」
ワンダー「あんまり他の観光客も来てないみたいですし。。時期がちょっと早過ぎましたね。」

散策してるうちに時間が来たので、気を取り直して昼食に向かいます。
宮殿内のレストラン、なんだか格調高い雰囲気があります。

昼食のサラダ。昼食のサラダ。
昼食のメインディッシュ。昼食のメインディッシュ。

まえやん「うまい!」
まっちゃす「白身魚だ。ソースが美味しい!」
ワンダー「味付けがあんまり濃すぎなくていいね。」

昼食後は、宮殿からバスで戻って、リガの旧市街観光へ。
東欧最大の市場や、ユーゲントシュティールの建築群、大聖堂、3人兄弟などなど。

市場。市場。

ユーゲントシュティール。ユーゲントシュティール。
大聖堂。大聖堂。

街中のカラフルなクマのオブジェ。なんだろう。街中のカラフルなクマのオブジェ。なんだろう。

まっちゃす「あ、あんなところにカジノがありますよ!」
隊長「何!?」

たまたま見かけたカジノ。たまたま見かけたカジノ。

まえやん「スポーツバーもあるみたいですね。」
バルザック「気になるけど入る時間がないね。。」
隊長「うーん、残念。」

市街地を見て回り、夕食も市街地内のレストランに入ります。
メインディッシュはロールキャベツとのこと。

夕食のスープ。夕食のスープ。
ロールキャベツ。下のマッシュポテトの量がすごい。ロールキャベツ。下のマッシュポテトの量がすごい。

デザート。デザート。

バルザック「やっぱりどこもスープが美味しい!」
隊長「ロールキャベツもうまいね!」

夕食後はホテルに戻り、各自休みます。
次の日はスィグルダ観光後、エストニアへの長距離移動という日程です。


次回もお楽しみに!

  Vol.01Vol.02Vol.03  
  コラム&レポート一覧  

トップページ 運営会社 広告掲載 プライバシーポリシー メールマガジン お問い合わせ