SEO
日本政府がカジノ管理委員会の候補者を発表
投稿日時: 2019/11/15 12:30

 日本の安倍晋三内閣総理大臣が、日本初のカジノ管理委員会を構成する5名の候補者を明らかにしました。

 GGRAsiaが時事通信社のニュースサービスの速報を引用した話によると、カジノ管理委員会はアジア諸国の新生カジノ市場の公式規制機関として機能するように設定されており、さらにギャンブル依存症に対抗するための一連の対策を策定する必要があります。

 GGRAsiaは、新設されるカジノ管理委員会は内閣府とは独立して運営される予定であるが、約100人の公務員の支援を受けて、関連するさまざまな経歴、確率、およびセキュリティチェックを実施すると報告しました。 また、現在の臨時国会が12月9日に終了する前に立法者が同意する限り、指名人員は1月から5年の任期を引き継ぐことができると詳述しました。

 元国防省の防衛省防衛監察監の北村道夫氏は、以前元国税庁名古屋国税局長を担当していた同じく候補者である氏兼裕之氏の支援を受けてカジノ管理委員会の指揮に指名されたと伝えられています。他のカジノ管理委員会の候補者には、精神科医の渡路子氏と慶応大大学院特任教授の遠藤典子氏および元警視総監の樋口建史氏が含まれています。
引用元: World Casino News
トップページに戻る

トップページ 運営会社 広告掲載 プライバシーポリシー メールマガジン お問い合わせ