SEO
   モロッコ旅行 のんびり砂漠のバスツアー  
   Vol.01Vol.02Vol.03Vol.04Vol.05Vol.06  

エルフード 砂漠観光
この日は今回の「メイン」のサハラ砂漠で朝日が昇る絶景を見に行く日です。
4時起きで暗いうちから出発のスケジュールです。

4時
RJ 「生きてるか?」
ホラフーキ 「目が覚めたから生きてるかも」
ひとまず隊長に詳細を説明し、砂漠に出発です。
砂漠をまず車で走りそのあとラクダで目的地まで移動します。
4WDに乗り込む一行。
隊長 「ホラフーキ、怪我したなら後ろだ」
ホラフーキ 「いたたた。。」
隊長 「なら前だ!」
ホラフーキ 「いたたた。。」
何も考えられないホラフーキは日本の習慣で「左」座席に乗ってしまった。
運転手 「ノォー! キミは運転シナイヨ〜」
ホラフーキ 「いたたた。。」
右に移るホラフーキ。
そんなこんなで一向は4WDで現地に向かいました。

真っ暗な道を6人乗りの4WDが砂漠を走っていきます。ある意味貴重な体験です。
30分くらい走りましたら、なんか人だかりがあり、そこで止まりました。
人だかり。。。 人もいましたが、ラクダだかり!!  ラクダがいっぱいいました。
真っ暗な砂漠でおりこうさんにすわるラクダ群 真っ暗な砂漠でおりこうさんにすわるラクダ群
月明かりとラクダと現地の人とツアーの人たち 月明かりとラクダと現地の人とツアーの人たち
現地の洋服を着て月をバックにバルザック 現地の洋服を着て月をバックにバルザック

他のツアーの人もいて50人くらいがラクダに乗り替わります。(つーことは50匹くらいのラクダがいました)
ラクダに乗って皆で縦一列になって目的地に向かいました。
今回のメインイベントです。
ラクダは人と歩くのとほぼスピードが一緒でゆっくりペースです。ひとこぶラクダです。
隊長 「これはいい!楽しい!」
バルザック 「気持ちいいー」
RJ 「腰がゆらゆら。とっても楽ちん」
皆楽しそう。
徐々に明るくなってきました 徐々に明るくなってきました

そして目的地につきました。
徐々に回りが明るくなってきました。明るくなるにつれて回りの状況が初めてわかりました。
360度砂漠!!    すばらしい景色です。
朝日が出てきました。 絶景!です!  綺麗です!  最高!!
来てよかったです。これは滅多に体験できません。
ホラフーキも痛みを忘れて感動してました。
絶景!! 絶景!!
明るくなってきてようやく全貌が見えてきました。サハラ砂漠じゃ! 明るくなってきてようやく全貌が見えてきました。サハラ砂漠じゃ!
一行を運んできたラクダさん。休憩中。 一行を運んできたラクダさん。休憩中。

周囲が完全に明るくなり、帰りの途です。
帰りも4WDに乗るとこまでラクダに乗ります。
ワンダー 「ずっと乗ってたいなぁ」
ホラフーキ 「ラクダは楽だ」(出ました鉄板。もうヤメや。)
バルザック。朝日を浴びて。 バルザック。朝日を浴びて。
待機するラクダさん。朝日が綺麗。 待機するラクダさん。朝日が綺麗。
一列にならんで。先頭がRJ。完全に明るくなりましたね。 一列にならんで。先頭がRJ。完全に明るくなりましたね。
カメハメハー カメハメハー
ラクダさん、意外とかわいい。 ラクダさん、意外とかわいい。
ラクダの上から撮影ね。 ラクダの上から撮影ね。


4WDでホテルに帰宅して、朝食後出発です。
古代生物(三葉虫など)の化石を売っているお店に寄りました。
モロッコはたくさん化石が取れるそうで、このお店以外でもいっぱい売ってました。
この店も高いです。でも3割くらい値切って購入っと。

そのあとバラ香水店に寄りました。
これも有名な香水らしいです。
お買いものコースが続きました。そしてトドラ渓谷に向かいます。

150km移動です。昨日の400kmに比べればあっという間に着いた感じです。

トドラ渓谷

切り立った渓谷です。絶景です。
ピッケルでクライミングしている外国の方がいました。結構危険ですよー。
ちょっと前にホテルに岩が落ちてきてここのホテルは休業中とのことです。コワ。
真っ青の空とマッチしますね。 真っ青の空とマッチしますね。
渓谷をのぼる女性。訓練中とか 渓谷をのぼる女性。訓練中とか
渓谷とバスもこの距離感 渓谷とバスもこの距離感

見学終わりまして、遅めの昼食です。 またタジン鍋〜
もう全員嫌気がさしてきました。 ちょっと食事は厳しいかも。

移動の途中、「オアシスの街」を見学しました。
砂漠の中に流れている川を利用して町ができ、農業を営むために樹木を育てていき
緑の都市ができます。
なんの色気もない砂漠の風景にいきなり登場する緑の町。驚きですね。
川のまわりに町とオアシス 川のまわりに町とオアシス


次はワルザザードに移動です。(170km)

ワルザザードに到着

ホテル  ワルザザード リアド

ホテルに到着し、夕食。
なんかパスタと言われて出てきた料理を恐る恐る食べてみました。
隊長 「パスタ? 違うなー」
ワンダー 「私はパスタ好きだが。。。。。」
バルザック 「無理」
スープも?? という味でした。タジン鍋じゃないので、ちょっと期待してましたが残念!
これがモロッコ自称「パスタ」。細かい粒状です。 これがモロッコ自称「パスタ」。
細かい粒状です。
スープです。。。。。。 スープです。。。。。。

このころから、一向はモロッコの食事に抵抗を感じ始めておりました。。。。。。

ホラフーキの痛みは取れず。たまに一瞬息が出来ないときもあります。
でも旅行楽しもーっと。

おやすみなさい。


  Vol.01Vol.02Vol.03Vol.04Vol.05Vol.06  
  コラム&レポート一覧  

トップページ 運営会社 広告掲載 プライバシーポリシー メールマガジン お問い合わせ