SEO
宮城県が日本のカジノライセンスレースに参加するか検討
投稿日時: 2020/01/24 15:00

 宮城県の政府は、統合カジノリゾートのライセンス認可がおりる国内の3箇所の1つを確保することを望んでおり、すでに混雑しているレースに参加するべきかどうかについて検討を行っています。

 Inside Asian Gamingの地元のニュースメディア河北新報の以前の記事を引用したレポートによると、宮城県では、仙台の校外にギャンブルに適した会場を設置できる可能性を検討した公式調査をすでに実施しているとのことです。

 この調査は、77 Research and Consulting Company Limitedが実施し、宮城県が意図した統合カジノリゾート計画を実現するために約3,300億円(27億3,000万ドル)かかり、その結果、ラスベガススタイルの開発は仙台空港に隣接することが前提であると判断しました。この評価により、会場は2025年までに開設可能であるとされていますが、初期投資の全額を回収するためには最大46年かかる場合があると結論づけられています。
引用元: World Casino News
トップページに戻る

トップページ 運営会社 広告掲載 プライバシーポリシー メールマガジン お問い合わせ