SEO
Okada Manilaで昨年12月に記録的な訪問者と収益を計上
投稿日時: 2020/01/17 19:00

 フィリピンのカジノオペレーターであるTiger Resort Leisure and Entertainment IncorporatedはOkada Manilaの昨年12月の総ゲーミング収益が前年比76%増の9,114万ドルに達したことを明らかにしました。

 Inside Asian Gamingのレポートによると、マニラ上場企業であるTiger Resort Leisure and Entertainment Incorporatedは水曜日の公式ファイリングを引用して、Okada Manilaが31日間で過去最高の644,943人の訪問者を記録し、年間集計で前年比25%増加したことにより600万人をわずかに超えたことで記録的な収益をもたらしたと報じています。

 Tiger Resort Leisure and Entertainment Incorporatedは日本のパチンコ、スロット、アーケードゲームのメーカーであるUniversal Entertainment Corporationが過半数を所有し、2016年12月に284,283平方フィートのカジノを備えた22億ドルのOkada Manilaの開発を開始しました。110エーカーの会場には、14のレストラン、50ユニットの小売店、屋内ビーチ、噴水の水と光のショーアトラクションもあります。
引用元: World Casino News
トップページに戻る

トップページ 運営会社 広告掲載 プライバシーポリシー メールマガジン お問い合わせ