SEO
和歌山県が和歌山マリーナシティの買収を許可
投稿日時: 2019/12/06 11:00

 和歌山県の政府は、日本の来るカジノリゾートの3つのカジノライセンスの1つをホストする権利を獲得するようであり、カジノ施設を和歌山マリーナシティの人工島に持ち込むことができる契約を承認したと伝えられています。

 GGRAsiaの報告によると、この協定は、大阪湾島の50.7エーカーの私有地が1つのホストとして選択された場合、日本本州南部地域が約77億円(7,080万ドル)を支払うことを要求しています。国内の3つのギャンブルに適した会場のこの情報共有は火曜日に行われたとされており、さらに、同じ価格で将来のラスベガススタイルの開発に選択されたオペレーターには会場が売却されることになるそうです。

 現在、日本ではほとんどのギャンブルは違法ですが、昨年7月に安倍晋三首相の連立政権は、1億2,600万人の国民が3つのカジノライセンスを提供するという法律を可決しました。地域で統合カジノリゾートとして知られるこれらの施設のホストとして選ばれるためには、各コミュニティは、2021年7月30日の締め切りまでに日本政府観光局に最終計画を提出する前に、経験豊富な外国のオペレーターと提携する必要があります。

 GGRAsiaによると、和歌山県は、3つのカジノのうちの1つのホストとして、名乗りを上げた最初の日本領土の1つでしたが、ほぼ100万人の住民の管轄権は、フロントランナーの大阪と横浜を含む最大8つの他の候補コミュニティとの厳しい競争に直面する可能性が高いと報告しました。
引用元: World Casino News
トップページに戻る

トップページ 運営会社 広告掲載 プライバシーポリシー メールマガジン お問い合わせ