SEO
日本は新たなパチンコ対抗措置を検討する可能性がある
投稿日時: 2017/04/14 10:59

 昨年末に日本が2018年初頭までにラスベガス式統合ギャンブル・リゾートを2つまで認可する法案を可決したことを受けて、政府は既存のパチンコ、競馬に中毒にならないための措置を検討していることが伝えられました。

 ブルームバーグ・ニュースの報道によると、具体的なカジノ法制定の広範な過程の一環として考えられているアイデアには、個人がパチンコで遊戯することを許可することと、競馬場でのクレジットカードの使用を禁止するとともに、関係者の要請に応じて制限されるというものがあるとのことです。

 立法者は、日本のパチンコ事業者が中毒と戦うための措置をとるべきかどうか、また進行状況を監督する独立機関を設立することができるかどうかをさらに検討するとされています。

 また、ブルームバーグによると、パチンコ業界の2015年の売上は209億ドル(約2.2兆円)で、これは全国の国内総生産の約4%を占めると伝えられています。

 この人気にもかかわらず、報道関係者は、ギャンブルに関する問題に対処することが比較的少ないことが報告されており、これは、安倍首相が12月末にカジノを通過させる法案を可決したことが影響していると考えられています。自民党のメンバーは、連立政府公明党政党の議員たちと協議し、ギャンブルの依存度や規制強化の必要性を政府に尋ね、最新のパチンコとクレジットカードの措置を国会に送ると伝えられています。
引用元: World Casino News
トップページに戻る

トップページ 運営会社 広告掲載 プライバシーポリシー メールマガジン お問い合わせ